9年振りに訪れた沖縄は美味しさが止まらないー其の弐

旅行記 / 2019.03.15

沖縄・那覇を食べる旅(という予定では無かった気がする)、2日目である。

初日から既に結構歩いていたからか、朝から疲れているが気持ちは元気いっぱい。基、食べる気満々。ビュッフェの写真もちゃんと撮れば良かったなぁ、と今更ながら思う。3度も朝食を食べに行っておきながら、選び・食べる事に全力投球だった為に写真を撮っていない。一枚くらいしか撮っていない。

ラインナップは、THE・OKINAWAらしいものと云えばじゅーしーや日替わりの沖縄そば(麵が紅芋だったりフーチバーだったり)、煮付けやちゃんぷるーなどが並んでいた。サーターアンダギーやパイナップルももちろん。その他にもビュッフェらしいものが色々あり、3日間飽きる事なく楽しめたことを写真がない代わりに報告しておきたい次第。

この日は同行者である友人が午前中ダイビングに勤しむということで、別行動となる。一緒に潜れれば楽しいんだろうけれど、まぁそれぞれが好きに過ごす。

取り敢えず、散歩をしてみた。食べ歩きなどではなく純然たる散歩。今思えば牧志の方へ行けばよかったなぁと若干の後悔があるけれど、脳に定着していたと思い込んでいた土地勘は、やはり9年の歳月で狂ってしまったようで「此処だ!」という思いつきも影を潜めていた。そういう意味で色々と思い出し記憶を取り戻すような旅になっているようである。

プラプラ歩いて、ガジュマルばかり撮っていた。ガジュマルなんて見るたびに物騒だなーと思うけど私にとってはよほどフォトジェニックなのだろう、取り敢えず撮ってしまう。そして、そういうガジュマルが少し歩けば出てくる、それが沖縄の力か。

お腹が空いたら

「終わったー、お腹空いたー」的な連絡があり、一旦ホテルに戻り合流したらば行きましょう。食べに。そして向かった先は、沖縄そばの店。

生麺があるよ!久茂地の三丁目そば

当初塩分の事を考えて沖縄そばは殆ど食べる予定ではなかった。無かったんだけどなぁ…食べても大盛りを注文して少し分けていただくとかそんなつもりだった。それが何故だか美味しいし旅だし、いいか。なんて。というわけで気にせず食べているけど、紅生姜は乗せない事だけは強く誓っていた沖縄そば。

BACARからも近い三丁目そばは普通麵と生麺があるが、この日は生麺をお願いした。生麺があれば生麺を注文、それが基本的スタンス。注文から数分で出来上がりカウンターに置かれたソレを受け取り席に座る(小さなお店、セルフサービス)。注文したのはなんこつソーキそば(生麺)。

この、少し白濁したしたスープが実に良かった。生麺もモッチリした食感でさすがの美味しさだったし、見たらそれだけで解る通りなんこつソーキはトロッと柔らかく極上だった。昨日とはまたタイプの違う美味しさを堪能出来てご機嫌である。

なんこつソーキそば ¥550

食べログ https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47007464/

住所:沖縄県那覇市久茂地3丁目26-1

TEL:098-861-9193

営業時間:11:00~翌1:00(曜日によって変則)

定休日:無休

食べたら歩く!

食べたら歩く、食べる為に歩く!そんな感じでもある。この日は公設市場辺りをぐるぐるしたりお土産を吟味するのを楽しむことに。

公設市場2Fでは住んでいた頃よりも前から大好きな歩のサーターアンダギー(バラでも買えるようになっていた…!)を買い、試食をしたら個人的にNo.1になった花商の極上じーまみー豆腐を買い、冷やしレモンとは名ばかりの冷やしシークワーサーを飲み、なんだかんだとやはり食べていた。

サラッとしか見た事がなかった「やちむん通り」も堪能。友人は此処がとても気に入ったらしく「まぁ取り敢えず行っとくか」だったが大正解なチョイスだったようだ。もう一押し!という感じでかわいらしいシーサーを買うところだった友人は次回もまた、そのかわいらしいシーサーに出会ったらその時は買うそうだ。再会が必然を生む、ということだろうか。

やちむん通りは少し歩けばすぐにブーゲンビリアと出会う。沖縄なんて何処もそうかもしれないが、その出会い頭のブーゲンビリアがとてもかわいらしかった。

もう歩けないと思いつつ歩く!

やちむん通りを堪能し更に商店街を闊歩した後、さすがに限界を迎えた身体をカフェで休め、サンセットに間に合うようタクシーで波上宮へ向かう。波上宮での詣でを終えたらビーチの辺りで少しのんびりしたら、もう!夕食である。

もう数品頼んだ記憶はあるが、こんなラインナップ。私の大好物じーまみー豆腐や友人の大好物ソーミンチャンプルーなど。この店一番人気らしいラフテーは味噌仕立てであった。

予約必須の人気店で、そんな事知らずに予約せずに行って運良く入れたが、はっきり言ってしまうと私の好みでは無かった。じーまみー豆腐もラフテーも。もずくてんぷらは美味しかったが、なんというか何かが少しずつ足りなかった。

泡盛がとても豊富だから、その辺を国際通り近くで堪能したい人には打ってつけかもしれない。

いや、決して不満という訳ではないのだ。沖縄の夜をかなり満喫してご機嫌だったし。

うりずん 公式

食べログ https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47000019/

住所:沖縄県那覇市安里388-5

TEL:098-885-2178

営業時間:17:30~24:00(L.O.23:30)

定休日:無休

この日もよく食べ、よく歩いた1日だった。疲労から足取りは若干重いが気持ちは軽く、ホテルへ戻った。

沖縄沖縄そば那覇

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts

もはや塩分制限をしているとは思えない日々 その壱

もはや塩分制限をしているとは思えない日々 その壱

2019年6月1日

9年振りに訪れた沖縄は美味しさが止まらないー其の参

9年振りに訪れた沖縄は美味しさが止まらないー其の参

2019年3月20日

9年振りに訪れた沖縄、初めての斎場御嶽へバスで往くー其の壱

9年振りに訪れた沖縄、初めての斎場御嶽へバスで往くー其の壱

2019年3月16日

もはや塩分制限をしているとは思えない日々 その参

もはや塩分制限をしているとは思えない日々 その参

2019年6月11日

9年振りに訪れた沖縄は美味しさが止まらない - 其の壱

9年振りに訪れた沖縄は美味しさが止まらない - 其の壱

2019年3月14日

もはや塩分制限をしているとは思えない日々 その弐

もはや塩分制限をしているとは思えない日々 その弐

2019年6月10日

このページをチップで応援

URL COPY

Search




スポンサーリンク

Categories

Recommend

サーターアンダギーについて考える

サーターアンダギーについて考える

2019年4月9日

マグマを作って食べる日々

マグマを作って食べる日々

2019年11月20日

甘い梅干し?とかなんとか言われる、ぽたぽた漬けに挑戦!

甘い梅干し?とかなんとか言われる、ぽたぽた漬けに挑戦!

2019年6月28日

肺動脈性肺高血圧症とは何か

肺動脈性肺高血圧症とは何か

2019年4月12日

エシレ・マルシェ オ ブールのクイニアマン -ÉCHIRÉ Marché au Beurre-

エシレ・マルシェ オ ブールのクイニアマン -ÉCHIRÉ Marché au Beurre-

2019年6月13日

塩分見ない振りして蒙古タンメン中本へ行く その弐

塩分見ない振りして蒙古タンメン中本へ行く その弐

2019年11月21日

Archives




スポンサーリンク

Instagram

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村 病気ブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ
にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ