懐かしの記憶、鳴門饅頭

甘味の色々 / 2019.06.12

昔々、子供の頃。

鳴門にあるおばあちゃんの家に行った時、それも祝い事や法事などの何かしらの節目のような時に必ず置かれていたのが鳴門饅頭だった。その名前が鳴門饅頭とも知らぬ、あの頃。

表面には、これでもか!と砂糖がまぶされていた素朴な味わいの何か。くらいの印象しかなかったけど、それでも子供の頃何度も食べていた饅頭は何度となく不意に記憶を蘇らせる。

あの強烈なやつってなんだったっけなーと思っていたが、「鳴門饅頭」として堂々たる姿でスーパーの棚に並んでいたから、思わず「これ、昔食べてたやつ?」と母親に確認したら「そうよ、あれよ。」と。

そうか、あの強烈なやつは鳴門饅頭だったのか、そうかー。ちょっと久し振りに強烈な甘さを体感したいと思いつつ5個入りしかないことに怯んでいたら、食べ切れなかった残りを母親が引き受けてくれるとのことで、購入に至った。

5個入りでも中々の迫力、主に砂糖のあたりが。しかし、昔見た時は親族が集まるから箱で用意されていた。みんなでわー!って一斉に手が伸びるわけでもないのに。

実に余計なものが入っていないシンプル構造。一番最初にくる材料は砂糖じゃないの…?と思ったり、白あん入ってたっけ!?と今更驚いたり。

そして、明治8年から続いていることに感動を覚えたり。この饅頭は今も行事ごとでは食べられているのだろうか。

皿に置いた瞬間から、砂糖が零れ落ちる。皿だけじゃなく指にもしっかりついてくるが、勿論饅頭にはたっぷり砂糖が残っている。

本当だ、白あんが入っている。

そして食べてたのが子供の頃だったから、もっと大きい印象を持っていたけど実際は小ぶりで食べやすいサイズ。

一口食べて、あれ?昔はもっと強烈な甘さだった気がしていたが、と思っていたら母親も同じことを思ったらしく、昔はもっと凄かったよねぇ?と感想を言い合った。世の中の甘さ控えめの波に負けたのだろうか?

しかし、食べ終えて数分後から喉の辺りを襲ってくるへばり付くような甘さは健在だった。

一口目から脳天を貫くような甘さだった気がしたけど…案外違うのかな。子供の頃の記憶とは実に厄介だ。

徳島

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts

今川焼きではなく回転焼きでもなく大判焼きでもない、それが御座候

今川焼きではなく回転焼きでもなく大判焼きでもない、それが御座候

2019年3月23日

わしたショップで販売中のサーターアンダギーを食べる

わしたショップで販売中のサーターアンダギーを食べる

2019年5月21日

東京の沖縄でサーターアンダギーについて考える

東京の沖縄でサーターアンダギーについて考える

2019年4月28日

このページをチップで応援

URL COPY

Search




スポンサーリンク

Categories

Recommend

サーターアンダギーについて考える

サーターアンダギーについて考える

2019年4月9日

マグマを作って食べる日々

マグマを作って食べる日々

2019年11月20日

甘い梅干し?とかなんとか言われる、ぽたぽた漬けに挑戦!

甘い梅干し?とかなんとか言われる、ぽたぽた漬けに挑戦!

2019年6月28日

肺動脈性肺高血圧症とは何か

肺動脈性肺高血圧症とは何か

2019年4月12日

エシレ・マルシェ オ ブールのクイニアマン -ÉCHIRÉ Marché au Beurre-

エシレ・マルシェ オ ブールのクイニアマン -ÉCHIRÉ Marché au Beurre-

2019年6月13日

塩分見ない振りして蒙古タンメン中本へ行く その弐

塩分見ない振りして蒙古タンメン中本へ行く その弐

2019年11月21日

Archives




スポンサーリンク

Instagram

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村 病気ブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村 料理ブログ 減塩食へ
にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ